お勧めのカイセリ絨毯

こんばんは★
トルコは今夜の22時半ごろです。
隣のお家の人がこんな時間に掃除機を一生懸命かけています。
私はもうなんにも気になりませんが日本だったら近所迷惑というものになるのでしょうか?
こちらは相手の気持ち、ご近所の気持ちを考える、、、という感覚は一切なく、自分たちのやりたい時にやりたいことをやるという何ともストレスフリーなお国ですのでみんなかなり自由人です。
それは良くも悪くもあることですけど、、、(笑)

さて今日はお勧めのカイセリ絨毯をご紹介させていただきます。
カイセリはカッパドキアの玄関口でもある場所で、この辺りでは一番大きな都市になります。

昔から絨毯の織地としてかなり有名な場所で、数少ない今でも織り続けられている場所でもあります。
カイセリ絨毯の特徴はパイルが短めに刈られていること、
そして多くが羊毛とコットンで織られていること
そして様々な産地のリプロダクションも生み出していることなどです。

そんな点からカイセリ絨毯はさっぱりした質感で割と長い季節敷きっぱなしでいられる、
もちろんカイセリ絨毯にもいろいろありますが比較的価格がリーズナブルなわりに新しめの子に出会えるというような利点があります。

なのであまりパイルが長くない方が好きな方、羊毛羊毛しているのはにおいが気になる、、、
好きなデザインがあるけどオリジナルの産地のものは高くて買えないなどという方にはぜひお勧めの絨毯なんです。

私のお店の中でお勧めのものはこちら!

137172762
*画像クリックでリンクに飛びます。

コーカサス カザック絨毯のデザインのもの。
カッコいい細かなデザインにそしてカイセリの中でもかなり細かな織!
この質でこの価格はとってもお得だと思います。
それにほぼ未使用に近いようなコンディションですので、綺麗な絨毯がお好きな方特にお勧めです!
しかもそんな素敵なものがなんとセールに!?
実はこれには事情があって別に難ありなわけでも、在庫整理しいたわけでもなくお安くなっておりますので、
そんなチャンスの子なんでお嫁に行かないのかずっと不思議でならないのです。
綺麗な落ち着いたボルドー色がベースでどんなインテリアにも合うと思います。

136382504
*画像クリックでリンクに飛びます。

それからこちらのカイセリ産ブハラデザインのラグ。
こちらもふかふかトルクメンとは違いカイセリ産ですので毛足短めのさっぱりした質感で一年を通してお使いいただけます。
そして何よりこのイエローベースが珍しいですね♪
トルコ絨毯だけれどトライバルラグの雰囲気も味わえるとっておきの一枚です。

この二つがぱっと思いつくお勧めのカイセリ産のリプロダクション絨毯です。
本当にこの二つはお勧めです!

是非サイトをチェックしてみてくださいね♪

またこちらでお勧めのラグに関しては時々ピックアップしてご紹介させていただきたいと思います♪

0682545B-7C39-4BFD-95DD-4E5BE000A49E

それではもう目が閉じそうですのでミーコとトンネルごっこをして寝ようと思います。

私はおやすみなさい。
日本の皆様はおはようございます~

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

広告

仕入れ

こんばんは★

トルコは今、夜の11時過ぎたところです。

日本とトルコは6時間の時差があり、トルコの方が遅いんです。

なのでメールのお返事や、ご注文いただいた際の確認メールなどに多少の時差が生じますことどうかご理解いただけますと助かります。

さて今日は仕入れをして参りました。

ディーラー兼コレクターみたいな人のところなのでちょっと変わったものや質の良いものがたくさんあるんです。

お宝を目の前に私の目はきらきら☆彡

世の中にはこんなに美しいものがあるのね~ と半泣きになることも。

それをトルコ人のディーラーは「こいつ頭大丈夫か???」

みたいな感じで驚いています。

しかし感動しているのもつかの間、、、

大変なのはそこから選ぶことと一番は値段交渉、、、

ここで私は一気にいつも疲れるのです。

そういう時は「ちょっと考えます」

と言って一度ご飯などを食べに行き頭を冷やします。

この慎重さにもいつもトルコ人は飽きれています。

でもですねトルコ人の話術に乗せられないように自分を信じて自分の意思を貫くの結構大変なんです。

トルコに住んでいる人なら分かるはず(^-^;

 

休憩に温かいスープをいただきました。

トルコは肉肉しい食事が多く私は苦手なのでスープを頼むことが多いんです。

そのスープも遊牧民のように羊をあますことなく調理したもので、羊の頭と足のスープなので結構脂と肉肉しさはあるんです。

それでも毎回ケバブとか食べるよりはマシだし、スープはとっても美味しいんです。

身体を温めてゆっくり考えて仕入れてきました。

お洗濯が必要だったり、お直しが必要だったりですぐに掲載できないものもありますが、今から写真を撮るのが楽しみです♪

 

そして今、可愛いミーコのお尻を眺めながら今日発送した人たちに発送完了のお知らせのメッサージを送信し、インスタグラムを更新し、ブログを書いています。

この仕事って思っている以上にやることがたくさんあり本当に好きでないと大変だな~と実感しています。

もしまたこれが趣味とかセカンドジョブとかなら別ですが、これ1本で生活していくとなるとますますですね(^-^;

でも今の私にはこれしかないと思っていますので楽しんで頑張りたいと思います!

 
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

最近の私の家のヴィンテージラグたち

お久しぶりです~!

もうこの人ブログは書かないんじゃないかと思われていると思うのですが、たまに書きますよ!

たまに。

でもやっぱりキャパが狭いのでインスタグラムに集中するとブログまで辿り着かないんですね(;^ω^)

相変わらずのんびりな私で自分でも困っています。

さて久しぶりの今日は私のお家のラグも月日とともに少し変わりましたのでご紹介したいと思います♪

*初めに言っておきますが、家具など備え付けのアパートですので全くテレビボードやテーブル、ベッド、ドレッサーなどは私の趣味ではありませんのでご了承ください。

でもその自分好みではない空間を自分好みにしたくてキリムやラグ集めが始まったのかもしれません。。。

56A894CA-B29C-481B-859B-A370BEF19F3E (1)

まず、メインのリビングのラグは、ヴィンテージ加工ラグのアヴァノスの優しい赤のものにしました!

これはたしか秋口に変えたんです。

なんか温かみのある赤っぽくしたくて。

でも前に敷いていたピンクのマーデンも気に入っていて畳んでしまってあります。

赤といっても優しい風合いと華やかな感じがすごく気に入っています。

cropped-d2626a94-680b-4bf5-aff8-f362a5f007bf.jpeg

ミーコとアンティークパザールで買った小さなテーブルとの相性もいい感じだと自己満足しています。

D61F38F4-5017-4F2B-97B6-CE4307E083BF

それからアクセントラグにコーカサスのこれもまたヴィンテージ加工ラグです。

こうゆう色アースカラー?ていうんでしょうか???

色も綺麗ですごく目が細かくて質が良いのでミーコはいつもこのラグの上です。

パイルはカットしてしまってあるのでないのですが、それでもやはり気持ちがいいんでしょうね~

B61C0692-F7DF-4A3A-90F4-10628944E092

「ミーはこのラグが大好きだにゃ~」

80501B01-A6E9-44F3-BD86-F3F5688CF302

それからベッドサイドも変わりました!

もちろんヴィンテージ加工ラグですが、ピンクのヤストゥックにしました。

このシリーズのミニラグちゃんたち色違いもあったのですが、みんな可愛くてたくさん仕入れたのですがみんなお嫁に行きました~🌸

私も自分用にキープしておいてよかったなとホッとしております。

前のクルディッシュラグも夏用にまだとってあります。

私は秋冬と春夏でラグやキリムのクッションカバーで模様替えをします♪

というか家具変えられないので、、、(笑)

031954E2-D3D7-4F46-8CEE-FDE6B78EC338

それからベッドルームのドアにはマーシュアラブの刺繍布をかけています。

夜寝る前、朝起きたときに一番に目に入る場所なんです。

この布を見るとすごくパワーをもらえる気がするんです。

スザンニとかこうゆう刺繍布って使うというより見ているだけで気分があがりますし、こうやってかけておくだけでお部屋を素敵にしてくれます。

たいしたインテリアではありませんが私が使っているヴィンテージラグはこんな感じです。

キッチン以外はいつもどんなシーズンもすべてヴィンテージ加工ラグです。

それは私の場合、ミーコちゃん(猫)の毛がラグについても毎日掃除機をかけないずぼらさんだから!

お部屋をほうき掛けですませてしまい、掃除機は3日に1回くらいしかかけないので毛が気にならないヴィンテージ加工ラグにしています。

後はやっぱり軽くてお掃除もしやすいですし、何よりお洒落です★

もし私が毎日掃除機をまめに掛けられる人、もしくは毛が全く気にならない人でしたらもこもこカルスとか大好きなので冬は敷きたいのですが、、、(*´Д`)

2FABAA40-CA9E-4126-ADBF-73E76EA010F5

私のお店には結構いろんなジャンルのラグがあります。

毛が長いもの、部族系のもの、華やかなもの、毛が短いもの、、、

毎日一緒に暮らすラグですからみなさんのライフスタイルに合ったラグを是非見つけていただき、楽しくお洒落なラグライフを満喫していただけたら嬉しいです♪

ちなみに、今ショップにある中でお勧めのヴィンテージ加工ラグは、

この辺りですかね~

でも絞れませんので好きな子たちをぱっとあげてみました!

今日掲載したペルシア絨毯のヴィンテージ加工ラグもめちゃくちゃ可愛いし、、、

やはりじっくりお店を覗いてみてください(*´ω`*)

どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

私の家のラグたち

なんと今日は珍しく2件ブログを書いてしまいます!

なんとなくそんな気分です。

今日の2つ目の記事は私の家で使っているラグたちを紹介したいと思います♪(突然⁉)

私実はラグセーラーになる前までインテリアよりファッションの方が興味があり、インテリアのセンスに関してはまだまだ学びの途中、そして今住んでいるアパートは家具付きなため(まだ仮住まいのよう(^-^;))

好きな家具はお置けないし壁にもなんにもできないのでミニマリストなつもりはないのですがミニマリストのようなちょっと味気ないお部屋になっております。

でもそれでもお気に入りのテキスタイルやラグを取り入れることによってなんとか自分色に染めているつもり・・・

のお部屋でございます。

そして私は愛ネコとのんびりマイペースな二人暮らしです。

そんなライフスタイルの私がどんなラグを使っているのか、是非参考にしていただけたらと思います。

7B80F5B4-2840-45D7-9C97-ED2632DFF18A

こにゃにゃちは~

インスタグラムでは時々お披露目しているミーコと私の仮住まいのお家です~

間取りは1LDKです。

どれくらの広さがあるかな…うー

結構私にとっては広いです^_^

これでもトルコ人からしたら狭い部屋だそうです!

でも東京にいた私からしたらこんな部屋に一人でなんてとっても贅沢に感じています。

こちらリビングです。

中心に敷いているのはマーデンのリーズナブルな絨毯です。

確か3年くらい前に買って、しばらく旅行代理店で敷いていたのですが、私が欲しくなって洗って家で使うことにしました。

それでかれこれたぶん2年くらいです。

最初はもう少しパイルがふさふさあったともうのですが、いい感じに擦れて来て今では立派なヴィンテージラグです。

ミーコもお爪をとぎとぎしてくれてヴィンテージ加工をお手伝いしてくれています。(笑)

3年くらいまではこの手の絨毯がたくさん出回っていてお値段もリーズナブルだったのですが、ここ数年のヴィンテージ加工ラグの流行のお陰でこぞって海外のバイヤーたちが買いあさっていまでは貴重な存在になり、価格もアップしてしまっています。

(´;ω;`)ウゥゥ

何度か模様替えしようと違うラグを持ち帰ってみたことがあったのですが、どうしてもこの子が落ち着いて変えていません。

それは自分のライフスタイルにあっているからだと思います。

もっとデザインがお洒落な素敵なラグも憧れますが、サイズ感といい、パイルの擦れ感といい自分にはとても心地良いのです。

まず家具を踏まずに使えるサイズが簡単にラグをあげてラグの下の床も掃除できること。

そしてラグもパイルが短めなのでミーコの毛が絡まりにくいこと。

お陰で掃除機は毎日でなく、3日に1回くらいで、毎日はほうきをかけています。

ほうきは必ず仕事に行く前にかけています。

ミーコが毛玉を吐いたりう〇ちをラグにつけてしまってもすぐに拭き取ればちゃんと落ちます。

そんな使いやすさがなかなか他のラグに変えられないくらい私のライフスタイルにあっているんだと思います。

左はそのマーデンのラグとならべて敷いているミーコのトンネルコーナー

これはヴィンテージ加工ラグです。

パイルをカットしてあり、色もブリーチされています。

キッチンは普通の絨毯で、パイルはふかふかしていて色も特に手を加えていないものです。

どちらもとてもリーズナブル。

ラグセーラーなのにリーズナブルなラグばかり(笑)

そして左はミーコのおトイレコーナー

カルスのスマックを敷いています。

猫砂が散らかりまくるのを抑えるのにラグを敷いています。

そして右はベッドルームのベッドサイドのラグ。

クルディッシュラグですがヴィンテージ加工のものです。

色がすごく綺麗に仕上がっていて気に入っていますが、かなりの使用感ボロボロです。

でもそのボロ感が気に入っています。

ペラペラなのでこちらもお掃除が楽です。

パッと持ち上げて下の床を掃除することができます。

ラグもパッパッとはたくだけ。

でも毎日これをします。

私の場合ずぼらなのでラグは出来れば軽めで家具の下に敷かなくてもいいサイズで簡単に持ち上げられることが条件になっています。

そうじゃないとお掃除が億劫になってしまうので。。。

それとキッチンのラグ以外はみんなパイルは短めかカットされたものです。

きっと今後もしラグを変えることがあったとしてもそれがまた条件になると思います。

これはあくまで私の場合ですが、みなさんの場合はどうですか???

もしライフスタイルが似ている人がいたらラグ選びの参考にしてみてください!

最近っちょっと調子が上がらない日が続いていたのですが、みなさんの

「届きました~!!!」

のメッサージやインスタグラムの投稿を見て元気をもらいました。

ありがとうございます。

これからも簡単ではないですが、素敵なラグをご紹介していけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

絨毯と掃除機

こんばんは★

ずーっとこのことを書こう書こうと思っていたのですが、なかなかキャパシティがブログまで追いつきませんでした💦

今日はなんだか少しやる気があって(笑)たくさん掲載したし、ブログまでたどり着けました!

私は毎回発送完了メールをお客様に送信する際に軽くお手入れに関するようなことも少し書いて送信しています。

その中に

「普段のお手入れは掃除機のみで十分ですが、回転ブラシ付きの掃除機は毛によくないのでできれば取り外してお使いください。取り外せない場合は押し付けず優しくかけてあげてください。」

と書いてある部分があるのですが、「優しくかけてあげてください。」が結構重要ですので絶対に実行してほしいのです。

絨毯やキリムは手織りです。

手織りのものに対してどんどん進化していっている優秀な掃除機は相性がよくありません。

そもそも昔に織られたものなんてほうきや塵取りで掃除していた時代のものもたくさんあるのですからその掃除方法に対応していると思うんです。

なので清潔感を保つためには掃除機をかけなければならないのですが、毛並みに沿って押し付けずに優しくゆっくりかけてあげてくださいね。

それじゃわんこやにゃんこの毛がちゃんと取れないわ~

という人は毛がカットされているものか短めのものを選ぶことをお勧めいたします。

ここ数年パイルをカットしてしまっているヴィンテージ加工ラグが流行っているのもそういった理由もあるかもしれません。

あ、それとルンバもお勧めしません。

毛が掃除機に巻き込まれて取れてしまうそうです。

それは私のお店の絨毯がリーズナブルだからという訳ではなく、へレケのような超高級絨毯にもあり得ることだそうです。

それはやっぱり手織りだから。

特に汚してなければ優しく掃除機+時々干してあげるでいいと思います。

干すのも私は裏表1時間ずつくらいお日様にガンガン当ててしまうことをお勧めいたします。

西日の日の強い時間帯がいいと思います。

ただ直接日に当てると色が褪せてきたりするので高級絨毯は日陰干しをお勧めします。

でも私のお店で売っているようなヴィンテージラグなどはむしろ日に当てて変色を楽しむのもまた面白いと思いますし、もちろん日に当てた方がさっぱりすると思います。

一口に絨毯と言ってもそれぞれに長所や短所があります。

みなさんのライフスタイルにはどんなタイプの絨毯が一緒に暮らしやすいのか考えてご購入いただければと思います。

また興味深いサイトを発見したので絨毯についても書きたいと思います。