私の家のラグたち

なんと今日は珍しく2件ブログを書いてしまいます!

なんとなくそんな気分です。

今日の2つ目の記事は私の家で使っているラグたちを紹介したいと思います♪(突然⁉)

私実はラグセーラーになる前までインテリアよりファッションの方が興味があり、インテリアのセンスに関してはまだまだ学びの途中、そして今住んでいるアパートは家具付きなため(まだ仮住まいのよう(^-^;))

好きな家具はお置けないし壁にもなんにもできないのでミニマリストなつもりはないのですがミニマリストのようなちょっと味気ないお部屋になっております。

でもそれでもお気に入りのテキスタイルやラグを取り入れることによってなんとか自分色に染めているつもり・・・

のお部屋でございます。

そして私は愛ネコとのんびりマイペースな二人暮らしです。

そんなライフスタイルの私がどんなラグを使っているのか、是非参考にしていただけたらと思います。

7B80F5B4-2840-45D7-9C97-ED2632DFF18A

こにゃにゃちは~

インスタグラムでは時々お披露目しているミーコと私の仮住まいのお家です~

間取りは1LDKです。

どれくらの広さがあるかな…うー

結構私にとっては広いです^_^

これでもトルコ人からしたら狭い部屋だそうです!

でも東京にいた私からしたらこんな部屋に一人でなんてとっても贅沢に感じています。

こちらリビングです。

中心に敷いているのはマーデンのリーズナブルな絨毯です。

確か3年くらい前に私のボスが買って、しばらく旅行代理店で敷いていたのですが、私が欲しくなって洗って家で使うことにしました。

それでかれこれたぶん2年くらいです。

最初はもう少しパイルがふさふさあったともうのですが、いい感じに擦れて来て今では立派なヴィンテージラグです。

ミーコもお爪をとぎとぎしてくれてヴィンテージ加工をお手伝いしてくれています。(笑)

3年くらいまではこの手の絨毯がたくさん出回っていてお値段もリーズナブルだったのですが、ここ数年のヴィンテージ加工ラグの流行のお陰でこぞって海外のバイヤーたちが買いあさっていまでは貴重な存在になり、価格もアップしてしまっています。

(´;ω;`)ウゥゥ

何度か模様替えしようと違うラグを持ち帰ってみたことがあったのですが、どうしてもこの子が落ち着いて変えていません。

それは自分のライフスタイルにあっているからだと思います。

もっとデザインがお洒落な素敵なラグも憧れますが、サイズ感といい、パイルの擦れ感といい自分にはとても心地良いのです。

まず家具を踏まずに使えるサイズが簡単にラグをあげてラグの下の床も掃除できること。

そしてラグもパイルが短めなのでミーコの毛が絡まりにくいこと。

お陰で掃除機は毎日でなく、3日に1回くらいで、毎日はほうきをかけています。

ほうきは必ず仕事に行く前にかけています。

ミーコが毛玉を吐いたりう〇ちをラグにつけてしまってもすぐに拭き取ればちゃんと落ちます。

そんな使いやすさがなかなか他のラグに変えられないくらい私のライフスタイルにあっているんだと思います。

左はそのマーデンのラグとならべて敷いているミーコのトンネルコーナー

これはヴィンテージ加工ラグです。

パイルをカットしてあり、色もブリーチされています。

キッチンは普通の絨毯で、パイルはふかふかしていて色も特に手を加えていないものです。

どちらもとてもリーズナブル。

ラグセーラーなのにリーズナブルなラグばかり(笑)

そして左はミーコのおトイレコーナー

カルスのスマックを敷いています。

猫砂が散らかりまくるのを抑えるのにラグを敷いています。

そして右はベッドルームのベッドサイドのラグ。

クルディッシュラグですがヴィンテージ加工のものです。

色がすごく綺麗に仕上がっていて気に入っていますが、かなりの使用感ボロボロです。

でもそのボロ感が気に入っています。

ペラペラなのでこちらもお掃除が楽です。

パッと持ち上げて下の床を掃除することができます。

ラグもパッパッとはたくだけ。

でも毎日これをします。

私の場合ずぼらなのでラグは出来れば軽めで家具の下に敷かなくてもいいサイズで簡単に持ち上げられることが条件になっています。

そうじゃないとお掃除が億劫になってしまうので。。。

それとキッチンのラグ以外はみんなパイルは短めかカットされたものです。

きっと今後もしラグを変えることがあったとしてもそれがまた条件になると思います。

これはあくまで私の場合ですが、みなさんの場合はどうですか???

もしライフスタイルが似ている人がいたらラグ選びの参考にしてみてください!

最近っちょっと調子が上がらない日が続いていたのですが、みなさんの

「届きました~!!!」

のメッサージやインスタグラムの投稿を見て元気をもらいました。

ありがとうございます。

これからも簡単ではないですが、素敵なラグをご紹介していけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

広告

愛猫愛犬用セネキリム

IMG_3841

こんばんは★

すっかり秋のカッパドキアです。

今朝大好きな石田ゆり子さんのインスタグラムを見て私は大興奮!

はっちとみっつがお水を飲んでいる場所に新しくセネキリムが!?

以前水飲み場はお客様の情報によるとイランのナインの丸いラグが敷いてあったようですが、

最近このセネキリムに変わったようですね♪

それを見てミーハーな私は完全にモードがセネキリムに!!!

本当は今日掲載しようと思っていた他のラグがあったのだけど、そっちのけで(すみません)

ちょうど新しいのを2枚買い付けてあったのと、以前からオンラインショップにあったセネキリムの見直しを本日いたしました。

まず新しい子たち

 

美しい孔雀が織り込まれた同じようなキリムなのですが、右には左には使われていない赤色が入っています。

どちらもベースは落ち着いた綺麗なピンクにグレーやベージュのような色がメインになっています。

その組み合わせがとても素敵で一目ぼれしました。

品があって女性らしくでも派手すぎない色合いと、美しい孔雀がダイナミックに織り込まれ、

少し今まで見たセネとは違うな~とても気に入っている2枚です。

羊毛なので織がしっかりしていて床に敷いていただいてもいいかなと思います。

そして見直しチームですが、まずこちら

P1180166

赤とネイビーの組み合わせが落ち着くちょっと大きいサイズのセネキリムです。

こちらも羊毛のみなのでそこそこ厚みがあり床に敷いていただくのに向いています。

今まで冬のくらーい中撮った写真で分かりずらかったので今日は外で撮ってみました。

その方がこの子の魅力が伝わってくれるような気がしています。

そしてもう一枚

P1180203

こちらはとっても細かく繊細なセネキリムなのでしたくなかったのですが…

やはりネットでその違いをお伝えするのって難しいですよね…

だってこの子小さいですもの。 きっとみなさんちょっとお値段が・・・・って思っていたのかも?と思い

気分はセネデーになってしまったので、今日お値下げしてみました!

でもですね、小さいですがこの子が一番繊細なんです。

色も可愛いですよね?

このサイズこそ愛猫や愛犬のお食事場所に敷くのにいいかなと思います。(多頭飼いでなければ)

セネキリムって本当にびっくりするくらい細かくて、その多くがクルド人によって織られているのですが、本当に技術の高さがすごいんだなとどのキリムを見ても思います。

以前ボスのお母さんがストックルームに来た時に、セネキリムを見て

「こんなの人間が織れる細かさじゃない。これは機械織だ!」

と言っていました(笑)

ボスのお母さんはカッパドキアのアヴァノスの人なので、私のお店でもお馴染みのあの可愛いアヴァノス絨毯を織っていたのですが、自分には絶対こんな織は無理だと思ったんでしょうね~

それくらいすごいんだな~とその時も関心していました。

一枚あると癒されるセネキリム、ぜひオンラインショップでもすべてトップページにもってきたのでご覧いただければと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。