送料値上げ!絨毯・キリム値上げ!

こんばんは★

今週末は本当にたくさんの皆様にお買い物いただき誠にありがとうございました。

トルコの事情からすると発送作業が追い付かず発送がたまっていく一方なので新しいラグの掲載は少しペースを落としたいのが私の本音ですが、そうはいかないトルコ人ボスです( ;∀;)

絨毯やキリムの発送ってさぁ売れた!包装してアドレス書いて郵便局にゴー!

で終わりではなく、包装するまでにいろいろな作業があるので一つ一つにとっても時間がかかるんです。

それだけで一日が終わってしまうことも…

改めてこの仕事って本当にラグを好きでないとできないな~と実感するのです。

郵便局も一日多くて5~6件が限度。

郵便局にもっていく係はボスなのですが、ボスもその日の郵便局員さんの忙しさの様子を見て4個までにしたり3つまでにしたり調節しています。

ここ、トルコですから郵便局員さんに嫌われたら終わりですのでこれがとっても大事なんです!

日本じゃ考えられないですよね!?

本当にいまだに?????が多い国。

人間の匙加減や機嫌で物事が動くので本当に大変です💦

そしてなんでも予告なくころころ変わる!!!

今週は送料がものすごく上がってボスがブチ切れていました。

何かの値上がりも日本みたいに「いついつから何々の値段があがりますよ~」

なんて全くないのでいつもお支払いの時にびっくりするのです。

もうここまで上がったらグローバルエクスプレス便にしてしまうことも考えたのですが、それはもう少し様子見になりそうです。

そしてそして買い付けの度に感じていること…

絨毯・キリムの値段も上がっていませんか~?????

だんだん貴重になっていくヴィンテージラグたち。

今ヴィンテージ加工ラグが流行っていますのでみんな加工されていってしまう!?

そしてその加工ラグを世界中のバイヤーが高い価格で買い付ける~

特にアメリカさん!!!

どんどん値段が上がる~の流れで上がっているのだと思います。

むむむむむ~

とっても苦しいですが、みなさんに大きく支障のないように踏ん張りたいと思いますが、多少のプライスアップはお許しいただければと思います。

それだけ古いラグは貴重になっているということ。

お宝なのですね!

私もボロ絨毯なりに一枚一枚少しでも長く使ってもらえるよう愛情注いでお手入れしていきたいと思います。

3EB3D77E-6F88-45A4-A232-74543956C523

写真はお日様に当たって気持ちよさそうなラグたち。

直射日光に当てるのは色が変わってしまうので賛否両論あるようですが、私はしょっちゅう大々的に洗えないラグを一番清潔に保つにはお日様に当てることだと思っています。

もし色が変わってしまうのが嫌なら西日の一番日差しのきつい時間に短時間でもいいと思います。

話がずれましたが、そんなこんなでラグのネットショップも苦しいですが今後ともお付き合いいただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

広告

私の家のラグたち

なんと今日は珍しく2件ブログを書いてしまいます!

なんとなくそんな気分です。

今日の2つ目の記事は私の家で使っているラグたちを紹介したいと思います♪(突然⁉)

私実はラグセーラーになる前までインテリアよりファッションの方が興味があり、インテリアのセンスに関してはまだまだ学びの途中、そして今住んでいるアパートは家具付きなため(まだ仮住まいのよう(^-^;))

好きな家具はお置けないし壁にもなんにもできないのでミニマリストなつもりはないのですがミニマリストのようなちょっと味気ないお部屋になっております。

でもそれでもお気に入りのテキスタイルやラグを取り入れることによってなんとか自分色に染めているつもり・・・

のお部屋でございます。

そして私は愛ネコとのんびりマイペースな二人暮らしです。

そんなライフスタイルの私がどんなラグを使っているのか、是非参考にしていただけたらと思います。

7B80F5B4-2840-45D7-9C97-ED2632DFF18A

こにゃにゃちは~

インスタグラムでは時々お披露目しているミーコと私の仮住まいのお家です~

間取りは1LDKです。

どれくらの広さがあるかな…うー

結構私にとっては広いです^_^

これでもトルコ人からしたら狭い部屋だそうです!

でも東京にいた私からしたらこんな部屋に一人でなんてとっても贅沢に感じています。

こちらリビングです。

中心に敷いているのはマーデンのリーズナブルな絨毯です。

確か3年くらい前に私のボスが買って、しばらく旅行代理店で敷いていたのですが、私が欲しくなって洗って家で使うことにしました。

それでかれこれたぶん2年くらいです。

最初はもう少しパイルがふさふさあったともうのですが、いい感じに擦れて来て今では立派なヴィンテージラグです。

ミーコもお爪をとぎとぎしてくれてヴィンテージ加工をお手伝いしてくれています。(笑)

3年くらいまではこの手の絨毯がたくさん出回っていてお値段もリーズナブルだったのですが、ここ数年のヴィンテージ加工ラグの流行のお陰でこぞって海外のバイヤーたちが買いあさっていまでは貴重な存在になり、価格もアップしてしまっています。

(´;ω;`)ウゥゥ

何度か模様替えしようと違うラグを持ち帰ってみたことがあったのですが、どうしてもこの子が落ち着いて変えていません。

それは自分のライフスタイルにあっているからだと思います。

もっとデザインがお洒落な素敵なラグも憧れますが、サイズ感といい、パイルの擦れ感といい自分にはとても心地良いのです。

まず家具を踏まずに使えるサイズが簡単にラグをあげてラグの下の床も掃除できること。

そしてラグもパイルが短めなのでミーコの毛が絡まりにくいこと。

お陰で掃除機は毎日でなく、3日に1回くらいで、毎日はほうきをかけています。

ほうきは必ず仕事に行く前にかけています。

ミーコが毛玉を吐いたりう〇ちをラグにつけてしまってもすぐに拭き取ればちゃんと落ちます。

そんな使いやすさがなかなか他のラグに変えられないくらい私のライフスタイルにあっているんだと思います。

左はそのマーデンのラグとならべて敷いているミーコのトンネルコーナー

これはヴィンテージ加工ラグです。

パイルをカットしてあり、色もブリーチされています。

キッチンは普通の絨毯で、パイルはふかふかしていて色も特に手を加えていないものです。

どちらもとてもリーズナブル。

ラグセーラーなのにリーズナブルなラグばかり(笑)

そして左はミーコのおトイレコーナー

カルスのスマックを敷いています。

猫砂が散らかりまくるのを抑えるのにラグを敷いています。

そして右はベッドルームのベッドサイドのラグ。

クルディッシュラグですがヴィンテージ加工のものです。

色がすごく綺麗に仕上がっていて気に入っていますが、かなりの使用感ボロボロです。

でもそのボロ感が気に入っています。

ペラペラなのでこちらもお掃除が楽です。

パッと持ち上げて下の床を掃除することができます。

ラグもパッパッとはたくだけ。

でも毎日これをします。

私の場合ずぼらなのでラグは出来れば軽めで家具の下に敷かなくてもいいサイズで簡単に持ち上げられることが条件になっています。

そうじゃないとお掃除が億劫になってしまうので。。。

それとキッチンのラグ以外はみんなパイルは短めかカットされたものです。

きっと今後もしラグを変えることがあったとしてもそれがまた条件になると思います。

これはあくまで私の場合ですが、みなさんの場合はどうですか???

もしライフスタイルが似ている人がいたらラグ選びの参考にしてみてください!

最近っちょっと調子が上がらない日が続いていたのですが、みなさんの

「届きました~!!!」

のメッサージやインスタグラムの投稿を見て元気をもらいました。

ありがとうございます。

これからも簡単ではないですが、素敵なラグをご紹介していけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

自動キャンセルにより復活のお品

当店は銀行振り込みを選択されたお客様には私からのお振込み案内のメールが届いてから銀行営業日5日以内のお振込みをお願いしております。
もしご都合によりそれより遅くなってしまう場合、ご連絡いただけましたらある程度が延ばすことも可能です。
しかし、「もうすぐ期限ですよ」というこちらからのメールに対してもお返事いただけない場合は5日を期限とさせていただき、
大変残念ではありますが、自動キャンセルとさせていただきますのでご了承ください。
そんな理由からオンラインショップに再び登場した子たち

P1130810

イランの村の女性が織ったビレッジラグ
びっしりとした織としっかりとした重みがあります。
そして何よりゴージャスなデザイン★
まだそんなに使われていなくて状態はいい方です。

f7248b630ae15689f60a392d9160eeba_5b4c1e562e297c1a777e9a5119218627

そしてこちらはコンヤの草木染のキリムを用いて作られたピローカバー
特にグリーンがとっても美しいんです。
妊娠している女性を表現しているエリべリンデのモチーフも素敵ですね。
本当にこの二つセットで使うと色味もしっくりと来て相性が良さそうです。
こちらを選ばれたお客様、今回はきっと何か事情があったのだと思いますが、またいつかご縁があれば嬉しいです。
これから少しずつ涼しくなり、キリムアイテムの気になる季節ですね!
私もじゃんじゃん新し子たちをご紹介していこうと思っています。
皆様インスタグラムやオンラインショップのチェックをしていただけたら嬉しいです!
よろしくお願いします(*’▽’)

 

ラクダのタシュプナル絨毯

カッパドキアにはあちらこちらにラクダさんがいます。
ウチヒサルにいる可愛いラクダさん兄弟
それぞれ素敵なヴィンテージラグをお召しになられています。

81B0A709-261B-4F5C-9442-ACD62C6AE95A

8EB978D0-00A9-470B-BDA6-CEE16ECA0F4C

いちばんいい感じなのは奥の子のタシュプナルさん
程よい色褪せ感❤
手前の子のヤヒヤルも良かったけどこっちの方が好みだった♪
これに少し似たオリジナルのタシュプナルのヴィンテージラグが近々やってくる予定。
状態をもう一度確認して良ければ掲載するので楽しみにしていてください!

57E59071-3A78-4515-AD3F-0867C5B5B244

今日は旅のお手伝いで一日外でした。(それで一個も発送できていません。もうお手伝いにはピリオドを打ちこのようなことのないようにいたします💦)
ウチヒサルはコスモスが咲き誇り1年で一番綺麗な時期でした。

0504F69D-20F0-4DB8-8B3B-6F8D9ACC8713

こちらはラクダじゃないけどラクダみたいな毛をしていた子犬ちゃん♪
可愛かったな~
洗ってワクチンしてあげたい!
トルコ人そんなことしないよね~

昭和時代の日本だからここはまだ( ;∀;)

ヴィンテージ加工ラグができるまで

こんにちは!
昨日ずっと来なかったシャワールームの修理屋さんは11:00と言っていたのが15:00にやっと来てくれました💦
もうびっくり通り越しです( ゚Д゚)
今朝も来て最後の作業を終わらせ今日はまだシャワーは使えず…
明日には自分の部屋で浴びれそうです。
それまで私は2週間以上他の部屋のシャワーを使わせてもらっていました(´Д`)
これでその生活からおさらばできればいいのですが、もう何回もこの繰り返しをしているので、
今回もしばらくしたらまたダメだと思います。
その時は部屋を変えてもらおうと思います!
なんですぐ変えてもらわないのかというとかくかくしかじかあるんです。。。うふふ(;’∀’)

そして今日もなんと引きこもりを命じられ、オフィスに行くことができません💦
トルコ人の共同経営者が地中海に友達と遊びに行っているのですが、1泊で帰ってくる予定が2泊になり、今夜戻ってくるそうです。
本当は昨日行くはずだったアポイントメントもすっぽかして٩( ”ω” )و!!!
(一応行けないことは電話いれたようですが)
先方はイラン人なのだけど私たちが来るのを待ってくれていて何度も電話かかって来たそうな。
(本当に電話入れたのか???怪しい)

私が一人で勝手にオフィスに行くことは許されておりませんので(トルコ人ってそんな感じです。外国人の立場はことごとく弱い)
お家で作業です。
お陰で新しいラグの写真は撮れていませんが、ブログに時間を費やすことができるので助かります。
(ということにしてこう)

さて今日はヴィンテージ加工ラグができるまでをご紹介したいと思います。
ここ6~7年くらいでしょうか?
あえてボロいような、使い古したようなラグがアメリカを中心に世界中で大流行です。
かつては見向きもされなかったダメージのあるような絨毯がちょっと手を加えただけで
すごく清潔感がでてお洒落に変身するのです。
私も何も手を加えていない絨毯もちろん大好きですが、もともとヴィンテージが大好きなのでヴィンテージ加工ラグもこれからどんどん増やしていければなと思っています。
ダメージがある絨毯だから安いんでしょう??
と思われがちですが、どんな加工や手を加えたかによって、どんな絨毯に加工を施したかによっても
価格はまちまちになります。
ヴィンテージ加工ラグが出来上がるまではたくさんの人たちが関わり、かなりのコストや時間と手間がかけられているのです。
その工程なしでは美しいヴィンテージ加工ラグは生まれないのです。

 

写真左:この間見学に行った工房の一つ。
美しく生まれ変わりたいヴィンテージラグたちがこんなに待っています。
まだまだ丈夫。
「ちょっと傷があるくらいでポイしないで!
私達はまだまだ現役で頑張れるの!
絶対あなたのお部屋をお洒落にしてみせるわ!」

と絨毯バカの私にはそう聞こえてくる気がしました。

写真右:まず長いパイルを短くカットしていきます。
実はこれも結構な重労働。
一人あたり一日30枚ほどの大きい絨毯をカットするそう。

左右前後に均等にカットしてゆきます。

こんなに縦糸が見えるくらい擦れ擦れまでカットします。

そしてもちろんこの子たちも昨日ご紹介したように埃落としの機械にまず入ります。

*色々な工房で写真を撮らせてもらったのでミックスしてお届けしています。
その後脱色剤のお風呂に浸かります。

しっかり浸かります。
約15分ほど浸かった後、、、引き揚げます。
ちょっとこの日は私がいたから早く見せようと揚げるのが早かったような気もしないでもなかったですが(笑)

濡れていてよく分からないかもしれませんが色褪せたような見事なヴィンテージ感のあるラグになりました。

そして綺麗に洗っていきます。
水分を含んだ絨毯はとてつもない重さです。
脱色のプールからすぐ近くの洗い場までも若者二人係で運んでいました。

高いところに持ち上げるのも二人係でも大変そう。

ひたすらしっかり乾かします。

93bad428e6017b9caf763fd0955ef08d_722a581262aa32d3cd65ab00300699ab

そうしてこのように一つとして同じものはない世界にたった一枚の素敵なヴィンテージラグが完成するのです。
というのもすべてのラグがパイルをカットしてあるわけではありません。
脱色したからと言ってすべてのラグが同じような色褪せ感になるわけではありません。
物によっては脱色後色を加えることもあります。
それが想像と違うように仕上がることもあります。
その時の付け時間や気候によっても変わってきます。
十人十色?の世界なのです。
そして何よりたくさんの若者が炎天下の中この作業を繰り返しています。
すべての工程が力仕事なので若者たちでないと無理なのです。
きっと彼らのお給料は高くないと思います。
でもみんな一生懸命働いて、こんな美しいヴィンテージラグを作り上げ世界中に届けているのです。
若者たちの作業を見ていておばちゃんは感動しました(´Д`)!!!
そして何より忘れてはいけないのはヴィンテージ加工ラグだってトルコやその周辺の土地の手織り絨毯であること。
加工作業も大変ですが、まずその前にこのラグたちは女性が年ヵ月もかけて手織りされたものであること。
そんなことを思ったらヴィンテージラグが思ったほどリーズナブルでないのも納得です。
なので私のお店から購入していただいたみなさんもそんなことも思いながら大切に共に暮らしていただけらたいいな~と思います。